PHP 7.3をUbuntu Server 18.04へaptでインストール

Ubuntu Server 18.04
aptでインストールできるPHPのバージョンは7.2です。

PHP 7.3のインストールを試してみます。
こちらを参考にしました。
How to install PHP 7.3 on Ubuntu 18.04


現在インストールされているパッケージの最新化



apt update, upgradeで現在インストールされているパッケージを最新に更新しておきます。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade




PPA(パーソナル・パッケージ・アーカイブ)の追加



PHP 7.3のPPAを追加

$ sudo apt install software-properties-common

$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
...
詳しい情報: https://launchpad.net/~ondrej/+archive/ubuntu/php
[ENTER] を押すと続行します。Ctrl-c で追加をキャンセルできます。
(Enterキーを押下)

$ sudo apt update





PHP 7.3のインストール



これまでの操作で、PHP 7.3がインストール候補に追加されます。

$ sudo apt search php7.3



お試しでPHP 7.3のコマンドラインインターフェースをインストール。

$ sudo apt install php7.3-cli



PHPのバージョンを確認

$ php --version
PHP 7.3.10-1+ubuntu18.04.1+deb.sury.org+1 (cli) (built: Oct 8 2019 05:33:38) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.10, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.3.10-1+ubuntu18.04.1+deb.sury.org+1, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies



PHP 7.3がインストールできました。


関連記事

PostgreSQL 12.0をUbuntu 18.04へインストールし、外部から接続する

PostgreSQL 12が公開されました。
Ubuntu Server 18.04へインストールしてみます。

過去記事のこちらを参考にしました
PostgreSQL 11.1をUbuntu 18.04へインストールし、外部から接続する
https://wiki.postgresql.org/wiki/Apt

リポジトリの追加



/etc/apt/sources.list.d/pgdg.listを作成
リポジトリのパスを記載します。

$ sudo sh -c 'echo "deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ $(lsb_release -cs)-pgdg main" > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list'



認証キーを追加

$ sudo apt-get install curl ca-certificates
$ curl https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -



リポジトリを更新

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade



インストール実行

$ sudo apt install postgresql-12



バージョン12.0がインストールできました。

$ sudo su - postgres
$ psql
psql (12.0 (Ubuntu 12.0-2.pgdg18.04+1))
"help"でヘルプを表示します。

postgres=#





外部接続許可



外部からの接続を許可します。
postgresql.confを編集。

$ sudo vi /etc/postgresql/12/main/postgresql.conf



59行目付近、listen_addressesのコメントを解除。
「localhost」から「*」に変更し、すべての通信を受け入れます。

# - Connection Settings -

#listen_addresses = 'localhost'
listen_addresses = '*'



続いて、pg_hba.confを編集。

$ sudo vi /etc/postgresql/12/main/pg_hba.conf



認証を受け付けるIPの範囲を追記します。

# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            md5
host    all             all             192.168.1.1/24         md5



編集が終わったらサービスをリスタート。

$ sudo service postgresql restart




これで外部から接続できるようになりました。


ユーザーの作成



接続用に「pgadmin」というユーザーを作成してみます。

$ sudo su - postgres
$ createuser --pwprompt --interactive pgadmin
新しいロールのためのパスワード: [パスワード入力]
もう一度入力してください: [上記とパスワード入力]
新しいロールをスーパユーザにしますか? (y/n)y



作成したユーザーで接続できるかテスト。

$ psql -h localhost -U pgadmin -d postgres
ユーザ pgadmin のパスワード:
psql (12.0 (Ubuntu 12.0-2.pgdg18.04+1))
SSL 接続 (プロトコル: TLSv1.3、暗号化方式: TLS_AES_256_GCM_SHA384、ビット長: 256、圧縮: オフ)
"help"でヘルプを表示します。

postgres=#



データベースやテーブルを作成してみます。

postgres=# create database sample;
CREATE DATABASE
postgres=# \c sample
SSL 接続 (プロトコル: TLSv1.3、暗号化方式: TLS_AES_256_GCM_SHA384、ビット長: 256、圧縮: オフ)
データベース"sample"にユーザ"pgadmin"として接続しました。
sample=# create table test (id int, value text);
CREATE TABLE
sample=# insert into test (id, value) values (1, '日本語テスト');
INSERT 0 1
sample=# select * from test;
id |    value    
----+--------------
1 | 日本語テスト
(1 行)

sample=#



問題なく動作しているようです。

関連記事

Ubuntu Server 18.04 aptのproxy設定ファイル

Ubuntu Server 18.04
aptのproxyをどこで設定するかわからなかったのでメモ。

90curtin-aptproxy



設定ファイルは以下のパス
/etc/apt/apt.conf.d/90curtin-aptproxy


$ sudo vi /etc/apt/apt.conf.d/90curtin-aptproxy



以下の記載で設定します。


Acquire::http::Proxy "http://172.16.0.1:8080";
Acquire::https::Proxy "http://172.16.0.1:8080";


関連記事

KeyExtensionユーザー向け Autohotkeyによるキーバインドの変更

キーボードの「変換」キーとの組み合わせで矢印キーやエンターキーに変換するソフト

Ubuntuでは「窓使いの憂鬱(mayu)」を愛用しています。
Ubuntu 18.04に窓使いの憂鬱をインストールする

Windowでは、「KeyExtension」
変換]+任意キーにカーソルキーなどの機能を割り当てる「KeyExtension」
こちらを利用していたのですが、しばらく更新がなくうまく動作しないアプリケーションも出てきたので
他のソフトを探していたところ、「Autohotkey」を見つけました。
https://www.autohotkey.com/

キーバインドの変更以外に、アプリケーションのランチャー的な使い方もできるようです。


動作



最初、設定画面が存在せず戸惑ったのですがAutohotkeyをインストールすると、
「ahk」というファイルの拡張子に関連付けされ、
作成した「設定ファイル.ahk」をダブルクリックするだけで常駐してくれました。


設定ファイル



キーボードの「変換」キーのコードは「vk1C」となります。
各種サイトを参考に
「変換」+ i で上
「変換」 + jで下
といった設定を行ったものがこちら。

・config.ahk


#NoEnv ; Recommended for performance and compatibility with future AutoHotkey releases.
; #Warn ; Enable warnings to assist with detecting common errors.
; #InstallKeybdHook ;ホットキーの設定に無条件でキーボードフックを適応
; #UseHook ;ホットキーラベルの定義で常にフックを使用
SendMode Input ; Recommended for new scripts due to its superior speed and reliability.
SetWorkingDir %A_ScriptDir% ; Ensures a consistent starting directory.

vk1C & i::Send,{Blind}{Up}
vk1C & k::Send,{Blind}{Down}
vk1C & j::Send,{Blind}{Left}
vk1C & l::Send,{Blind}{Right}
vk1C & f::Send,{Blind}{Enter}
vk1C & q::Send,{Blind}{Esc}

vk1C & h::Send,{Blind}{BS}
vk1C & /::Send,{Blind}{Del}
vk1C & u::Send,{Blind}{Home}
vk1C & +::Send,{Blind}{End}
vk1C & o::Send,{Blind}{PgUp}
vk1C & p::Send,{Blind}{PgDn}

vk1C & g::Send,{Blind}{-}
vk1C & r::Send,{Blind}{vkF3}
vk1C & e::Send,{Blind}{F2}




今のところこの設定でKeyExtensionと同様の操作性を得られています。

関連記事

Javascript(jQuery)でBootstrap4のモーダルを表示・非表示

jQueryでbootstrap4のモーダルを表示・非表示する方法。

表示


  1. $('#my_modal').modal();



非表示


  1. $('#my_modal').modal('hide');




全体のサンプル


  1. <html lang="ja">
  2. <head>
  3.     <meta charset="UTF-8">
  4.     <link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.3/css/bootstrap.min.css">
  5.     <title>modal</title>
  6. </head>
  7. <body>
  8.     <button id="modal_show">表示</button>
  9.     <div class="modal" tabindex="-1" role="dialog" id="my_modal">
  10.         <div class="modal-dialog" role="document">
  11.             <div class="modal-content">
  12.                 <div class="modal-header">
  13.                     <h5 class="modal-title">モーダルのタイトル</h5>
  14.                     <button type="button" class="close" data-dismiss="modal" aria-label="閉じる">
  15.                         <span aria-hidden="true">×</span>
  16.                     </button>
  17.                 </div><!-- /.modal-header -->
  18.                 <div class="modal-body">
  19.                     <p>サンプル</p>
  20.                 </div><!-- /.modal-body -->
  21.                 <div class="modal-footer">
  22.                 <button type="button" class="btn btn-secondary" data-dismiss="modal">閉じる(デフォルト)</button>
  23.                 <button type="button" class="btn btn-primary" id="modal_close">閉じる(スクリプト)</button>
  24.                 </div><!-- /.modal-footer -->
  25.             </div><!-- /.modal-content -->
  26.         </div><!-- /.modal-dialog -->
  27.     </div><!-- /.modal -->
  28. <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js"></script>
  29. <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.3/umd/popper.min.js"></script>
  30. <script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.3/js/bootstrap.min.js"></script>
  31. <script>
  32. $(function() {
  33.     $('#modal_show').on('click', function() {
  34.         $('#my_modal').modal();
  35.     });
  36.     $('#modal_close').on('click', function() {
  37.         $('#my_modal').modal('hide');
  38.     });
  39. })
  40. </script>
  41. </body>
  42. </html>




【参考URL】
How to hide Bootstrap modal with javascript?

関連記事

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ