Windows Server 2019 Active Directoryでユーザーの追加とWindows 10でのサインイン

Windows Server 2019にActive Directory環境を構築。
Windows 10の端末をドメインに参加させました。

Windows Server 2019にActiveDirectoryの機能を追加
Windows 10をWindows Server 2019ドメインに参加させる

ドメインにユーザーを作成し、作成したユーザーでWindows 10の端末にサインインしてみます。


Active Directoryへのユーザー追加



サーバーマネージャーの「ツール」から「Active Directory ユーザーとコンピューター」を選択します。

970_01.png

画面が表示されたら、左側のツリーのドメイン名を展開。
「Users」を選択します。

ツールバーの「現在のコンテナーに新しいユーザーを追加」をクリックします。

970_02.png

「新しいオブジェクト - ユーザー」というダイアログが表示されます。
姓名とログオン時に使用するユーザー名を入力します。

970_03.png

作成するユーザーのパスワードを入力します。
デフォルトでは「ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要」にチェックがついていますが、
テストなので「パスワードを無期限にする」のチェックのみに変更しました。

970_04.png

作成するユーザーの確認画面です。
問題なければ「完了」をクリックしてユーザーの作成を実行します。

970_05.png

ユーザーが追加されました。

970_06.png



Windows 10でのサインイン



作成したユーザー名、パスワードを入力しドメインにサインインしてみます。

970_07.png

作成したユーザーでサインインできています。

970_08.png

970_09.png




関連記事

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ