MariaDBをDebian 7(Wheezy)にapt-getでインストールする

MySQLをフォークして作られたMariaDB。
https://mariadb.org/

Debian 7(Wheezy)にapt-getでインストールしてみます。



インストール方法



オフィシャルサイトで丁寧に解説されています。
https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/

202_01.png

1. Choose a Distroで「Debian」
2. Choose a Releaseで「Debian 7 "Wheezy"」
3. Choose a Versionで「5.5」
と選んでいけば、下の方にインストール方法が表示されます。

202_02.png


指定通り、コマンドを実行していきます。まずはリポジトリの追加。

# apt-get install python-software-properties
# apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 0xcbcb082a1bb943db
# add-apt-repository 'deb http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/dbms/mariadb/repo/5.5/debian wheezy main'




※apt-keyを実行した時、こんなメッセージになりましたが、問題ありません。

# apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 0xcbcb082a1bb943db
Executing: gpg --ignore-time-conflict --no-options --no-default-keyring --secret-keyring /tmp/tmp.oO09CE0As3 --trustdb-name /etc/apt//trustdb.gpg --keyring /etc/apt/trusted.gpg --primary-keyring /etc/apt/trusted.gpg --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d//debian-archive-squeeze-automatic.gpg --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d//debian-archive-squeeze-stable.gpg --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d//debian-archive-wheezy-automatic.gpg --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d//debian-archive-wheezy-stable.gpg --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 0xcbcb082a1bb943db
gpg: 鍵1BB943DBをhkpからサーバーkeyserver.ubuntu.comに要求
gpg: 鍵1BB943DB: 公開鍵“MariaDB Package Signing Key <package-signing-key@mariadb.org>”を読み込みました
gpg: 絶対的に信用する鍵が見つかりません
gpg:     処理数の合計: 1
gpg:         読込み: 1




リポジトリの内容を更新し、MariaDBのインストールを実行します。

# sudo apt-get update
# sudo apt-get install mariadb-server





インストールされる内容は以下のとおり。

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libaio1 libclass-isa-perl libdbd-mysql-perl libdbi-perl
libhtml-template-perl libmariadbclient18 libmysqlclient18 libnet-daemon-perl
libplrpc-perl libswitch-perl mariadb-client-5.5 mariadb-client-core-5.5
mariadb-common mariadb-server-5.5 mariadb-server-core-5.5 mysql-common perl
perl-modules psmisc
提案パッケージ:
libipc-sharedcache-perl libcompress-zlib-perl tinyca mailx mariadb-test
perl-doc libterm-readline-gnu-perl libterm-readline-perl-perl make
libpod-plainer-perl
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libaio1 libclass-isa-perl libdbd-mysql-perl libdbi-perl
libhtml-template-perl libmariadbclient18 libmysqlclient18 libnet-daemon-perl
libplrpc-perl libswitch-perl mariadb-client-5.5 mariadb-client-core-5.5
mariadb-common mariadb-server mariadb-server-5.5 mariadb-server-core-5.5
mysql-common perl perl-modules psmisc
アップグレード: 0 個、新規インストール: 20 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
40.2 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 144 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?




途中でMariaDBのrootパスワードを尋ねられますので入力します。

202_03.png

202_04.png


あっけないぐらい、簡単にインストール出来ました。
mysqlコマンドで接続できます。


# mysql -uroot -pPassword

Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 35
Server version: 5.5.31-MariaDB-1~wheezy-log mariadb.org binary distribution

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]>




show databases;を実行するとこんな感じ。

202_05.png



コマンドは、MySQLと互換性があるようで、MySQLを使っていた人ならあまり困らないかと。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ