Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 14.04にMozcと窓使いの憂鬱をインストールする

Ubuntu 14.04にMozcと窓使いの憂鬱をインストールした時の手順です。

Ubuntu 12.04にインストールした時の手順を参考にしています。
Ubuntu 12.04にMozcと窓使いの憂鬱をインストールする


Mozcのインストール



apt-getでインストールしました。


$ sudo apt-get install ibus-mozc




ibusを再起動。


$ killall ibus-daemon
$ ibus-daemon -d -x &




インストールはこれで終了です。

・Mozcを有効化
・Anthyを削除
・日本語入力への切り替えを「全角/半角」に変更

という設定を行います。


メニューから「テキスト入力設定」を選択。

402_01.png


テキスト入力画面が表示されます。
初期状態だとこんな感じ。
「+」ボタンを押して、入力ソースの選択画面を表示します。

402_02.png


ここで「日本語」と「日本語(Mozc)」の2つを追加します。

402_03.png


元からあったAnthyを削除。
「日本語」「日本語(Mozc)」の順に並び替え。

これは好みの問題ですが、日本語切り替えは「全角/半角」で行うように変更しました。

402_04.png


これで日本語入力にMozcが使用できるようになります。
ちなみに「日本語」も追加しておかないと、アルファベットの直接入力が
行えなくなってしまいました。



「窓使いの憂鬱」と併用する場合には、Mozcの変換キーを押した時の
挙動を変更しておかないと、使いにくいです。

Ubuntu Mozcで変換キーを無効にする設定方法
こちらで行った手順と同様、変換キーを押した時の動作を削除しました。


テキスト入力の画面で「日本語(Mozc)」を選択。
スパナのボタンをクリックします。

402_05.png


Mozcのプロパティ画面が表示されます。
キー設定の選択で「カスタム」を選び、編集ボタンをクリックします。

402_06.png


Mozcキー設定画面が表示されます。
[編集] - [定義済みのキーマップからインポート] - [MS-IME]を選択。

402_07.png


入力キーが「Henkan」になっている箇所を選択して、[編集] - [選択されたエントリーを削除]を実行します。
複数行「Henkan」が指定されているので、すべての行で同じ作業を実行。

402_08.png





窓使いの憂鬱のインストール



もう手放せません。
http://www42.tok2.com/home/negidakude/


手順はUbuntu 12.04の時と同様です。
必要なライブラリをインストール。


$ sudo apt-get install g++ libboost-iostreams-dev libudev-dev libusb-1.0-0-dev




ソースを取得し、ビルドとインストールを実行します。


$ cd /usr/local/src
$ sudo wget http://www42.tok2.com/home/negidakude/downdata/mayu-0.12.1.tar.gz
$ sudo tar zxf mayu-0.12.1.tar.gz
$ cd mayu-0.12.1/
$ sudo ./configure



ここで問題発生。



(略)
checking for libusb_init in -lusb-1.0... yes
checking for boostlib >= 1.33... yes
checking whether the Boost::Regex library is available... yes
configure: error: Could not link against !




「configure: error: Could not link against !」というエラーで
configureが失敗します。

どうも、ライブラリのパスを取得できないようです。

こちらが参考になりました。
ubuntu linux 14.04 LTS入れてみました

boost-libdirのパスを指定してやります。


$ sudo ./configure --with-boost-libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/




これでconfigureは通るようになりました。
しかし、makeで失敗します。


$ sudo make
(略)
msgstream.h:205:27: note: declarations in dependent base ‘std::basic_streambuf<char>’ are not found by unqualified lookup
msgstream.h:205:27: note: use ‘this->setp’ instead
msgstream.h:212:27: error: ‘setp’ was not declared in this scope, and no declarations were found by argument-dependent lookup at the point of instantiation [-fpermissive]
setp(m_buf, m_buf + SIZE);
                         ^
msgstream.h:212:27: note: declarations in dependent base ‘std::basic_streambuf<char>’ are not found by unqualified lookup
msgstream.h:212:27: note: use ‘this->setp’ instead
msgstream.h: In member function ‘void basic_msgbuf<T, SIZE, TR, A>::release() [with T = char; long unsigned int SIZE = 1024ul; TR = std::char_traits<char>; A = std::allocator<char>]’:
msgstream.h:242:3: warning: ignoring return value of ‘ssize_t write(int, const void*, size_t)’, declared with attribute warn_unused_result [-Wunused-result]
write(m_file, m_str.c_str(), m_str.size() + sizeof(_T('\n')));
^
make[2]: *** [mayu-mayu.o] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/mayu-0.12.1' から出ます
make[1]: *** [all-recursive] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/mayu-0.12.1' から出ます
make: *** [all] エラー 2




Ubuntu で 窓使いの憂鬱 を使う
こちらを参考に、
/usr/local/src/mayu-0.12.1/msgstream.h
を修正します。

3箇所「setp」となっている箇所を「this->setp」に変更。


86行目付近。

402_09.png


205行目付近の2箇所。

402_10.png


これでmakeが通るようになりました。

最終的に行った手順は、


$ cd /usr/local/src
$ sudo wget http://www42.tok2.com/home/negidakude/downdata/mayu-0.12.1.tar.gz
$ sudo tar zxf mayu-0.12.1.tar.gz



ここでmsgstream.hを編集。


$ cd mayu-0.12.1/
$ sudo ./configure --with-boost-libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/
$ sudo make
$ sudo make install



となります。





設定ファイルの作成



窓使いの憂鬱の設定ファイルを作成します。
詳細はこちら。
Ubuntu 10.10でKeyExtentionと同様のキー操作を実現する


$ vi ~/.mayu




私の使用している設定ファイルはこんなかんじです。


include "linux109.mayu"

keymap Global
mod mod0 = Henkan
key M0-H = BackSpace
key M0-J = Left
key M0-I = Up
key M0-K = Down
key M0-L = Right
key M0-G = HyphenMinus
key M0-F = Enter
key M0-R = HankakuZenkaku
key M0-U = Home
key M0-Semicolon = End
key M0-Solidus = Delete

key *S-M0-J = *S-Left
key *S-M0-I = *S-Up
key *S-M0-K = *S-Down
key *S-M0-L = *S-Right
key *S-M0-U = *S-Home
key *S-M0-Semicolon = *S-End






自動起動の設定



窓使いの憂鬱が自動起動するようにしておきます。


$ sudo vi /etc/init.d/mayu




内容は以下の通り。
USERは、普段Ubuntuにログインするユーザー名を指定しておきます。


#! /bin/sh

DAEMON=/usr/local/bin/mayu
NAME=mayu
USER=※※※通常使用するユーザー名を指定※※※
DESC="Mayu at $USER"
PIDFILE=/var/run/$NAME.pid
SCRIPTNAME=/etc/init.d/mayu

do_start()
{
    echo -n "Starting $DESC: "
    if start-stop-daemon --stop --quiet --pidfile $PIDFILE \
            --signal 0
    then
        echo "already running."
        exit
    fi
    env HOME=/home/$USER \
    start-stop-daemon --user $USER --start --quiet --background \
                     --make-pidfile --pidfile $PIDFILE \
                     --exec $DAEMON
    echo "$NAME was started"
}

do_loadtest()
{
    env HOME=/home/$USER \
    start-stop-daemon --user $USER --start --quiet --exec $DAEMON
    echo "$NAME was started"
}

do_stop()
{
    echo "Stopping daemon: $NAME"
    start-stop-daemon --stop --pidfile $PIDFILE
    rm -f $PIDFILE
}


case "$1" in
    start)
        do_start
    ;;
    stop)
        do_stop
    ;;
    restart)
        do_stop
        do_start
    ;;
    loadtest)
        do_loadtest
    ;;
    *)
        echo "Usage: $0 (start|stop|restart)"
    ;;
esac




保存したら、実行権限を付与。
自動起動するように指定しておきます。


$ sudo chmod +x /etc/init.d/mayu
$ sudo update-rc.d mayu start 10 2 . stop 10 0 1 3 4 5 6 .




これで快適な日本語入力環境になりました。

関連記事

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/04/19(土) 23:01:26|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 14.04にKVMをインストールし、bridge接続の設定を行う | ホーム | Ubuntu 14.04にGoogle Chromeをインストールする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/1397-96143f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)