Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 18.04 KVMのインストールと、bridge接続の構成

Ubuntu 18.04にKVMをインストール。bridge接続の構成を行います。
Ubuntu 16.04の手順を参考にします。
Ubuntu 16.04 KVMのインストールと、bridge接続の構成

また、18.04から手順が変更になった箇所があるようで、こちらも参考にしました。
Install And Set Up KVM On Ubuntu 18.04 Bionic Beaver Linux



必要なパッケージのインストール



必要なパッケージをaptでインストールします。
「kvm」というパッケージは削除されたようです。


$ sudo apt install libvirt-bin bridge-utils virt-manager




ネットワーク共有デバイスbr0の作成



普段、NAT接続は使用せず共有デバイス接続しか使用していません。
NAT用のブリッジ接続「virbr0」がインストール時に作成されているはずです。
brctl showコマンドで確認します。


$ brctl show
bridge name    bridge id        STP enabled    interfaces
virbr0        8000.525400d40e0e    yes        virbr0-nic




以下の手順でvirbr0を削除しました。


$ sudo virsh net-autostart default --disable
Network default unmarked as autostarted

$ sudo virsh net-destroy default
Network default destroyed

$ brctl show
bridge name    bridge id        STP enabled    interfaces
(virbr0が表示されなくなった)




続いて共有デバイスを構成していきます。
既存のインターフェース名を確認しておきます。


$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
     valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
     valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp5s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.4/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic noprefixroute enp5s0
     valid_lft 11373sec preferred_lft 11373sec




インターフェース名が確認できたら/etc/network/interfacesを編集。


$ sudo vi /etc/network/interfaces



こんな内容に変更し、「br0」というブリッジ接続を作成します。


# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)
auto lo
iface lo inet loopback

auto enp5s0
iface enp5s0 inet manual

auto br0
iface br0 inet dhcp
bridge_ports enp5s0
bridge_maxwait 0
bridge_df 0
bridge_stp off



自分自身を、「libvirt」と「libvirt-qemu」に追加。


$ sudo adduser `whoami` libvirt
$ sudo adduser `whoami` libvirt-qemu



ここまで設定できたら、一度OSを再起動します。
再起動後、ネットワークの状態はこのようになっているはずです。


$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
     valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
     valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp5s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel master br0 state UP group default qlen 1000
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: br0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
    link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.4/24 brd 192.168.1.255 scope global br0
     valid_lft forever preferred_lft forever






仮想マシンマネージャー



仮想マシンマネージャーを起動してみます。


$ virt-manager



862_01.png

試しに、Ubuntu Desktop 18.04をインストールしてみます。
ちゃんとブリッジ接続が選択できるようになっていますね。

862_02.png


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/04/29(日) 00:06:17|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 18.04をUSBメモリーからインストールする | ホーム | Ubuntu 18.04にWineをインストールし、文字化け(アルファベットが豆腐)を解消する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2152-ad9365f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)