Symfoware

Symfowareについての考察blog

LINE developersアカウントの登録とMessaging APIの基本設定

LINEのボットを作ってみようと思います。
今回はアカウントを作成して、基本設定を行うまでやってみます。


LINE developers



LINE developersのサイトから登録を行います。
https://developers.line.me/ja/

「Messageing API(ボット)をはじめる」のリンクをクリック。

871_01.png

ログイン画面が表示されますが、「新規アカウント作成」的なリンクは見当たらず。

871_02.png

ここは、スマホにインストールしたLINEアプリで登録しているメアドとパスワードを入力します。
アプリの設定を開きます。

871_03.png

アカウントを表示。

871_04.png

ここからメールアドレスとパスワードの設定が行なえます。

871_05.png

設定したメールアドレスとパスワードを入力し、LINE developersのサイトにログインします。




プロパイダーの設定



デベロッパーサイトにログインできたら、適当なプロバイダー名を登録します。

871_06.png

871_07.png

アイコン画像やアプリ名を入力。

871_08.png

プランは「Developer Trial」を選択しました。

871_09.png

871_10.png

とりあえず作成できたようです。
「設定が完了していません」のリンクをクリックします。

871_11.png


「LINEアプリへのQRコード」にQRコードが表示されています。

871_12.png


スマホ側、LINEアプリのQRコードを起動。

871_13.png


表示されているQRコードを読み込むと、作成したAPIテストが追加できました。

871_14.png


これでやっとスタートラインに立てました。

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/05/04(金) 00:02:38|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<LINE 素のPythonでpush通知を送信する | ホーム | Ubuntu 18.04にGoogle App Engine(GAE) + Pythonの開発環境を構築する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2166-2599ae35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)