Symfoware

Symfowareについての考察blog

Postgresql 10.3をUbuntu Server 18.04にインストールし、外部アクセスを許可する

Postgresql 10.3をUbuntu Server 18.04にインストールしてみます。
こちらを参考にしました。
Postgresql 10.3をUbuntu Server 16.04にインストールし、外部アクセスを許可する
https://wiki.postgresql.org/wiki/Apt


リポジトリの追加



/etc/apt/sources.list.d/pgdg.listを作成
リポジトリのパスを記載します。


$ echo "deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ bionic-pgdg main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list



pgdg.listを作成したら認証キーを追加


$ curl https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -



リポジトリを更新


$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade



インストール実行


$ sudo apt install postgresql-10



バージョン10.3がインストール出来ました。


$ sudo su - postgres
postgres@:~$ psql
psql (10.3 (Ubuntu 10.3-1.pgdg18.04+1))
Type "help" for help.

postgres=#





外部接続許可



外部からの接続を許可します。
postgresql.confを編集。


$ sudo vi /etc/postgresql/10/main/postgresql.conf



60行目付近、listen_addressesのコメントを解除
「localhost」から「*」に変更し、すべての通信を受け入れます。


# - Connection Settings -

#listen_addresses = 'localhost'         # what IP address(es) to listen on;
listen_addresses = '*'



続いて、pg_hba.confを編集。


$ sudo vi /etc/postgresql/10/main/pg_hba.conf



認証を受け付けるIPの範囲を追記します。


# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            md5
host    all             all             192.168.1.1/24         md5



編集が終わったらサービスをリスタート。


$ sudo service postgresql restart



これで外部から接続できるようになります。



ユーザーの作成



接続用に「pgadmin」というユーザーを作成してみます。


$ sudo su - postgres
$ createuser --pwprompt --interactive pgadmin
Enter password for new role: [パスワード入力]
Enter it again: [上記とパスワード入力]
Shall the new role be a superuser? (y/n) y



作成したユーザーで接続できるかテスト。


$ psql -h localhost -U pgadmin -d postgres
Password for user pgadmin:
psql (10.3 (Ubuntu 10.3-1.pgdg18.04+1))
SSL connection (protocol: TLSv1.2, cipher: ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384, bits: 256, compression: off)
Type "help" for help.

postgres=#



ついでにデータベースやテーブルを作成してみます。


postgres=# create database sample;
CREATE DATABASE

postgres=# \c sample
SSL connection (protocol: TLSv1.2, cipher: ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384, bits: 256, compression: off)
You are now connected to database "sample" as user "pgadmin".

sample=# create table test (id int, value text);
CREATE TABLE

sample=# insert into test (id, value) values (1, '日本語テスト');
INSERT 0 1

sample=# select * from test;
id |    value    
----+--------------
1 | 日本語テスト
(1 row)

sample=#



いい感じです。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/05/05(土) 23:32:25|
  2. PostgreSQL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu Server 18.04の日本語化 | ホーム | Ubuntu 18.04にEclipse OXYGENをインストールし、日本語化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2173-a02dff48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)