Symfoware

Symfowareについての考察blog

Python3からRedis Server 4へ接続する(redis-py使用)

Ubuntu Server 18.04にReids Server 4をインストール。
別の端末から接続できるようにしました。
Ubuntu Server 18.04にRedis Serverのインストールと外部アクセス許可

Pythonから接続し、データの登録を試してみます。


redis-py



随分前に同様のことを試していました。
key-value database RedisにPythonで接続する(redis-py使用)

今回もredis-pyを使用して接続してみます。
こちらを参考にしました。
https://github.com/andymccurdy/redis-py

virtualenvで仮想環境を用意し、そこにインストールしてみます。


$ virtualenv --python python3 --no-site-packages env
$ source env/bin/activate
$ pip3 install redis



Getting Startedの内容を試してみます。


  1. import redis
  2. r = redis.StrictRedis(host='192.168.1.102', port=6379, db=0)
  3. r.set('foo', 'bar')
  4. print(r.get('foo'))
  5. r.delete('foo')
  6. print(r.get('foo'))



実行結果


$ python3 sample.py
b'bar'
None



ちゃんと動いてくれていますね。
deactivateで仮想環境を終了します。


$ deactivate






jsonデータの登録



jsonをデータとして登録してみます。


  1. import json
  2. import redis
  3. r = redis.StrictRedis(host='192.168.1.102', port=6379, db=0)
  4. data = {
  5.     'num' : 10,
  6.     'alphabet' : 'value',
  7.     'str': '日本語テスト'
  8. }
  9. jsonstr = json.dumps(data)
  10. r.set('json', jsonstr)
  11. ret = json.loads(r.get('json'))
  12. print(ret['num'])
  13. print(ret['alphabet'])
  14. print(ret['str'])



実行結果


$ python3 sample.py
10
value
日本語テスト



日本語は文字化けするかなと思っていたのですが、問題なさそうです。

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/05/06(日) 14:32:20|
  2. Redis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 18.04 + nginx + lua拡張モジュールでRedis Serverへ接続 | ホーム | Ubuntu Server 18.04にRedis Serverのインストールと外部アクセス許可>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2176-2773b617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)