Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 18.04に.NET Core 2をインストールしてC#プログラムをビルドする

Microsoft謹製の.NET CoreをUbuntu 18.04にインストール。
C#プログラムをビルドし、実行してみます。

インストール



こちらに手順があります。
Install .NET Core SDK on Linux Ubuntu 18.04

手順をそのままなぞります。
まずはリポジトリの追加。


$ wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.asc.gpg
$ sudo mv microsoft.asc.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/
$ wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/prod.list
$ sudo mv prod.list /etc/apt/sources.list.d/microsoft-prod.list



続いて.NET Coreのインストール。


$ sudo apt-get install apt-transport-https
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install dotnet-sdk-2.1.200



ここで躓きました。
依存関係のある「aspnetcore-store-2.0.8」が見つからないようです。


$ sudo apt-get install dotnet-sdk-2.1.200
Reading package lists... Done
Building dependency tree    
Reading state information... Done
Some packages could not be installed. This may mean that you have
requested an impossible situation or if you are using the unstable
distribution that some required packages have not yet been created
or been moved out of Incoming.
The following information may help to resolve the situation:

The following packages have unmet dependencies:
dotnet-sdk-2.1.200 : Depends: aspnetcore-store-2.0.8 but it is not going to be installed
E: Unable to correct problems, you have held broken packages.



aspnetcore-store-2.0.8をインストールすればと思い、


$ sudo apt install aspnetcore-store-2.0.8



を実行すると、今度はaspnetcore-store-2.0.7が見つからないエラーになります。

ここに助けられました。
Can't install dotnet on Ubuntu 18.04 Bionic Beaver

dotnet-sdk-2.1.300-preview2-008533ならインストールできるとのこと。


$ sudo apt-key adv --keyserver packages.microsoft.com --recv-keys EB3E94ADBE1229CF
$ sudo apt-key adv --keyserver packages.microsoft.com --recv-keys 52E16F86FEE04B979B07E28DB02C46DF417A0893
$ sudo apt install dotnet-sdk-2.1.300-preview2-008533



dotnetがインストールできました。


$ dotnet --version
2.1.300-rc1-008673




アプリケーションの作成



引き続き、こちらの手順を進めて行きます。
Install .NET Core SDK on Linux Ubuntu 18.04

コンソールアプリケーションの雛形を作成。


$ dotnet new console -o myApp



出来上がった雛形の内容は以下のとおり。

878_01.png

Program.csはこんな内容になっています。


  1. using System;
  2. namespace myApp
  3. {
  4.     class Program
  5.     {
  6.         static void Main(string[] args)
  7.         {
  8.             Console.WriteLine("Hello World!");
  9.         }
  10.     }
  11. }



myAppに移動。
「dotnet run」コマンドでビルドとプログラムの実行を行ってくれました。


$ cd myApp
$ dotnet run
Hello World!



dotnet runを実行したら、binフォルダが作成されていました。

878_02.png

exeではなくdllファイルが作成されるようです。

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/05/09(水) 22:19:21|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<SkiaSharp + .NET Core 2でPDFファイルの出力 | ホーム | Ubuntu 18.04 + nginx + lua拡張モジュールでRedis Serverへ接続>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2178-2bd7bc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)