Symfoware

Symfowareについての考察blog

FuelPHP 1.8 Redisに接続してデータの登録、取得、削除

FuelPHP 1.8でRedisに接続してデータを操作してみます。

設定ファイル



Redisに接続するため、db.phpに接続設定を記載。

・fuel/app/config/[development]/db.php


  1. <?php
  2. /**
  3. * The development database settings. These get merged with the global settings.
  4. */
  5. return array(
  6.     'default' => array(
  7.         'connection' => array(
  8.             'dsn'        => 'mysql:host=localhost;dbname=fuel_dev',
  9.             'username' => 'root',
  10.             'password' => 'root',
  11.         ),
  12.     ),
  13. // ここから
  14.     'redis' => array(
  15.         'default' => array(
  16.             'hostname' => '192.168.1.102',
  17.             'port' => 6379,
  18.             'timeout' => null,
  19.         ),
  20.     ),
  21. // ここまで
  22. );





oil task



コマンドで実行するため、タスクとしてプログラムを記載しました。

・fuel/app/task/sample.php


  1. <?php
  2. namespace Fuel\Tasks;
  3. class Sample
  4. {
  5.     public static function run()
  6.     {
  7.         // redisに接続
  8.         $redis = \Redis_Db::forge();
  9.         
  10.         // データの登録と取得
  11.         $redis->set('key', 'value');
  12.         echo($redis->get('key') . PHP_EOL);
  13.         // データの削除
  14.         $redis->del('key');
  15.         echo($redis->get('key') . PHP_EOL);
  16.     }
  17. }



oilコマンドで実行してみます。


$ oil r sample
value
(空白)



あっさり接続できました。



データベースの切り替え



redisはselectでデータベースを切り替えることができます。
Redis Command - SELECT(データベースの切り替え)

簡単にテストしてみます。


  1. <?php
  2. namespace Fuel\Tasks;
  3. class Sample
  4. {
  5.     public static function run()
  6.     {
  7.         // redisに接続
  8.         $redis = \Redis_Db::forge();
  9.         
  10.         $redis->select(0);
  11.         // データの登録と取得
  12.         $redis->set('key', 'value-0');
  13.         echo($redis->get('key') . PHP_EOL);
  14.         $redis->select(1);
  15.         // データの登録と取得
  16.         $redis->set('key', 'value-1');
  17.         echo($redis->get('key') . PHP_EOL);
  18.         $redis->select(0);
  19.         // データの削除
  20.         $redis->del('key');
  21.         echo($redis->get('key') . PHP_EOL);
  22.         $redis->select(1);
  23.         // データの登録と取得
  24.         echo($redis->get('key') . PHP_EOL);
  25.         $redis->del('key');
  26.     }
  27. }



実行結果


$ oil r sample
value-0
value-1
(空白)
value-1



ちゃんと動いてくれているようですね。

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/06/26(火) 22:33:36|
  2. Redis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Redis + FuelPHP 1.8でリストの操作(rpush, lrange, ltrim) | ホーム | Redis 1つのリストに登録できるデータ件数について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2213-6621cbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)