Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 18.04にArduino IDEをインストールして、プログラムをArduinoに書き込む

部屋を掃除したら、昔購入したArduinoが出てきました。
Arduinoの開発キットをダウンロードし、サンプルを実行する

懐かしい。久しぶりに触ってみようと思います。
Ubuntu 18.04に開発用のエディタ「Arduino IDE」をインストールしてみます。


Arduino IDE



こちらからダウンロードしました。
https://www.arduino.cc/en/Main/Software

911_01.png

「Linux 64 bits」のリンクをクリックすると、
「arduino-1.8.5-linux64.tar.xz」がダウンロードできました。


インストールはこちらを参考に行います。
https://www.arduino.cc/en/Guide/Linux


xzファイルの解凍はこちらを参考に以下のコマンドを実行。
Linux で tar.xz 形式のファイルを解凍する


$ tar Jxfv arduino-1.8.5-linux64.tar.xz



解凍したディレクトリに移動し、インストールを実行します。


$ cd arduino-1.8.5
$ ./install.sh
Adding desktop shortcut, menu item and file associations for Arduino IDE... done!



インストールと言っても、デスクトップにショートカットを作成するだけのようです。
こんなショートカットがデスクトップに作成されました。

911_02.png

内容は、ファイルを解答したディレクトリの「arduino」へのショートカットです。


[Desktop Entry]
Type=Application
Name=Arduino IDE
GenericName=Arduino IDE
Comment=Open-source electronics prototyping platform
Exec=/home/baranche/dev/arduino-1.8.5/arduino
Icon=arduino-arduinoide
Terminal=false
Categories=Development;IDE;Electronics;
MimeType=text/x-arduino;
Keywords=embedded electronics;electronics;avr;microcontroller;
StartupWMClass=processing-app-Base



デスクトップに作成されたショートカットをダブルクリックすると、初回は警告が表示されます。

911_03.png

「信頼して起動」を選択すると、デスクトップのショートカットにちゃんとアイコンが表示されます。

911_04.png

こんな感じで起動してくれました。

911_05.png



シリアルポートへのアクセス許可



引き続き、こちらを参考に動作環境を整えていきます。
https://www.arduino.cc/en/Guide/Linux

現在のユーザーがシリアルポートにアクセスできるように変更します。
ArduinoをUSBでパソコンに接続した状態でデバイスの情報を表示。

サイトでは、ttyACM*となっていますが旧式のArduinoだからか、
/dev/ttyUSB0で認識されています。


$ ls -l /dev/ttyUSB0
crw-rw---- 1 root dialout 188, 0 7月 11 23:00 /dev/ttyUSB0



これで現在のユーザーを「dialout」というグループに所属させれば
アクセス権が得られることがわかります。

以下のコマンドで、現在のユーザーをdialoutグループに追加。


$ sudo usermod -a -G dialout `whoami`



この設定、

You will need to log out and log in again for this change to take effect.


とのことなので、一回ログアウト(もしくは再起動)して、設定を反映させます。




サンプルプログラムの書き込み



IDEを解凍したディレクトリの「examples/01.Basics/Blink」に「Blink.ino」という
サンプルがあるので開いてみます。

サンプルをコンパイルして書き込む前に、
[ツール] - [ボード]から接続しているボードの名称を選択。

911_06.png

[ツール] - [シリアルポート]から、「/dev/ttyUSB0」を選択。
※最近のボードだと「/dev/ttyACM0」かも。

911_07.png

エディタのボタンをクリックして書き込みます。

911_08.png

これでLEDがチカチカしてくれました。
関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/07/12(木) 00:41:26|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<C言語でMQTTクライアントを動作させる(paho.mqtt.embedded-c) | ホーム | JavaScript 連想配列の先頭に要素を追加する(jQuery UIダイアログのボタンを先頭に追加)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2230-84a37a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)