Symfoware

Symfowareについての考察blog

nginx + php-fpmでfuelphp 1.8.1を動作させる

Ubuntu Server 18.04
nginx
php-fpm

この環境で、fuelphpを動かしてみます。


下準備



こちらを参考に設定します。
URL のリライト - nginx

php-fpmはソケットで待ち受けるよう構成しています。


$ vi /etc/php/7.2/fpm/pool.d/www.conf



listenの設定。


listen = /run/php/php7.2-fpm.sock




fuelphpはzipファイルをダウンロードし、「/var/www/fuelphp」に配置しました。

913_01.png

「oil efine install」で、書き込み権限が必要なディレクトリの設定を変更します。


$ cd /var/www/fuelphp/
$ oil refine install
    Made writable: /var/www/fuelphp/fuel/app/cache
    Made writable: /var/www/fuelphp/fuel/app/logs
    Made writable: /var/www/fuelphp/fuel/app/tmp
    Made writable: /var/www/fuelphp/fuel/app/config





nginxの設定ファイル



nginxの設定ファイルを編集します。


$ sudo vi /etc/nginx/sites-enabled/default



内容は以下のようになりました。


server {
        listen 80 default_server;
        listen [::]:80 default_server;

        root /var/www/fuelphp/public;
        index index.html index.htm index.nginx-debian.html;

        server_name _;

        location / {
                index index.php;
                try_files try_files $uri $uri/ /index.php$is_args$args;
        }

        location ~ \.php$ {
                include snippets/fastcgi-php.conf;
                fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.2-fpm.sock;
                fastcgi_param FUEL_ENV "development";
                fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        }

}




設定ファイルを読み込み。


$ sudo service nginx reload



ブラウザで、http://[サーバーIP]を表示すると、こんな画面になるはずです。

913_02.png

関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/07/29(日) 21:13:25|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<FuelPHP CacheドライバにRedisを使用する | ホーム | C言語でMQTTクライアントを動作させる(paho.mqtt.embedded-c)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://symfoware.blog.fc2.com/tb.php/2232-92f1471b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)