Ryzen + MSI マザーボードで仮想化サポートの有効化(kvm.koの利用)

この構成でパソコンを作成しました。
Ubuntu 18.04 + Ryzen 9の動作確認構成

Ryzen 9 + MSIのマザーボードの組み合わせです。

KVMをインストールして起動したところこんな警告が表示されました。

KVM を利用できません。これは KVM パッケージがインストールされていない。
または、KVM のカーネルモジュール (kvm.ko) が読み込まれていないことを意味します。



CPUの仮想化サポートが有効になっていないようです。


BIOSでの設定変更



MSI MPG X570 GAMING PRO CARBON WI-FI ATX マザーボード [AMD X570チップセット搭載] MB4780


上記マザーボードでの設定変更例となります。
起動時にF12(だったはず)を押して、BIOSの設定画面に入ります。

「OC(Over Clock)」の項目を選択。

表示される選択肢の中から「CPU Features」の項目を選択。

「SVM Mode」を「Disabled」から「Enabled」に変更して設定を保存。

これでCPU仮想化が有効となり、kvm.koの読み込みエラーがなくなりました。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ