Visual Basic 2010 ExpressからSQL Server 2008 Expressに接続する

Visual Basic 2010 Expressをインストールしてみました。

Visual Basic 2010 Expressをインストールする

せっかくなので、SQL Server 2009 Expressへの接続方法を調べてみます。



サンプルソース



System.Data.SqlClientによるDBインタフェースのサンプル(VB.NET)
IronPythonから統合認証でMS SQL Server 2008 Expressに接続する

ここを参考にサンプルを作成しました。




Imports System.Data.SqlClient

Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

        'コネクションオブジェクト
        Dim Con As New SqlConnection
        Dim sqlCommand As SqlCommand = Nothing
        Dim sqlReader As SqlDataReader = Nothing

        Con.ConnectionString = "server=localhost\SQLEXPRESS;database=Sample;Integrated Security=SSPI"

        Try
            Con.Open()
            Debug.Print("オープン成功")


            sqlCommand = New SqlCommand("SELECT * FROM POST_CD", Con)
            sqlReader = sqlCommand.ExecuteReader()

            Debug.Print(sqlReader.GetName(0))
            Debug.Print(sqlReader.GetName(1))

            While sqlReader.Read
                Debug.Print(sqlReader.GetString(0))
                Debug.Print(sqlReader.GetString(1))
            End While

        Catch ex As Exception
            Debug.Print(ex.Message)

        Finally
            Con.Close()
        End Try


    End Sub
End Class





最初、参照設定の追加とかが必要なのかと思っていましたが、

Imports System.Data.SqlClient


この一行でOKみたいです。


実行すると、イミディエイトウインドウに実行結果が表示されると思います。

02_001_20100530193759.png





関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ