Ubuntu 11.10に窓使いの憂鬱をインストールする


※2014/4/19追記

Ubuntu 14.04での手順はこちら。
Ubuntu 14.04にMozcと窓使いの憂鬱をインストールする





Ubuntu 10.10でKeyExtentionと同様のキー操作を実現する
ここで、キーボード操作をカスタマイズするソフト「mayu」をインストールしました。

Ubuntu 11.10でlibboostを更新したら動かなくなってしまったので、
再インストールしたときの手順をメモしておきます。



依存しているライブラリ



前回と同じく、C++とboostlib、さらにlibudevとlibusbが必要になったようです。



$ sudo apt-get g++
$ sudo apt-get install libboost-iostreams-dev
$ sudo apt-get install libudev-dev
$ sudo apt-get install libusb-1.0







mayuのダウンロードとビルド



こちらで、窓使いの憂鬱のLinux & Mac対応版が公開されています。
窓使いの憂鬱 Linux & Mac (Darwin) 対応版

http://www42.tok2.com/home/negidakude/

※いつも使わせていただいてます。とっても助かっています。


ソースをダウンロードして、ビルドします。


$ cd /usr/local/src
$ sudo wget http://www42.tok2.com/home/negidakude/downdata/mayu-0.12.1.tar.gz
$ sudo tar zxf mayu-0.12.1.tar.gz
$ cd mayu-0.12.1/
$ sudo ./configure
$ make
$ sudo make install






設定ファイルの記載方法は、以前行った内容と同様。
Ubuntu 10.10でKeyExtentionと同様のキー操作を実現する


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ