Ubuntu 12.04でWindowsの共有フォルダに接続できない対処法

Ubuntu 12.04をインストールしてWindowsの共有フォルダに
Nautilusから接続しようとすると接続できない。

Windows側の共有設定を疑ったのですが、どうやらUbuntu側に問題があるようです。



smb.confの編集



11.10->12.04 LTSアップグレード後にNASに接続できなくなった

こちらを参考に、/etc/samba/smb.confに設定を追記します。
端末から、


$ sudo gedit /etc/samba/smb.conf


を実行。


globalセクションに、以下の二行を追記して保存します。


[global]
client lanman auth = yes
client ntlmv2 auth = no



66_001.png




しかし、認証は行われるようなのですが、接続が完了しない。






共有する場所の入力



問題の切り分けを行うため、smbclientを使用して接続を試して見ました。


$ smbclient -L \\192.168.1.15 -U Administrator
Enter Administrator's password:
Domain=[WIN-XXXXXXXXXXX] OS=[Windows Server 2008 R2 Standard 7600] Server=[Windows Server 2008 R2 Standard 6.1]

    Sharename     Type     Comment
    ---------     ----     -------
    ADMIN$         Disk     Remote Admin
    C$             Disk     Default share
    dev             Disk    
    IPC$            IPC     Remote IPC
    Users         Disk    
session request to 192.168.1.15 failed (Called name not present)
session request to 192 failed (Called name not present)
session request to *SMBSERVER failed (Called name not present)
NetBIOS over TCP disabled -- no workgroup available






Network shares not showing up

こちらを参考に、共有フォルダ名まで指定して試してみます。



$ smbclient //192.168.1.15/dev -U Administrator
Enter Administrator's password:
Domain=[WIN-XXXXXXXXXXX] OS=[Windows Server 2008 R2 Standard 7600] Server=[Windows Server 2008 R2 Standard 6.1]
smb: \>




共有する場所まで入力すると接続出来ました。



ということで、Nautilusの設定画面で、共有する場所をちゃんと入力してやると見事接続出来ました。
以前は入力しなくてもOKだったと思うのですが・・・

66_002.png


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ